ページ内を移動するためのリンクです。
健康づくり編
現在表示しているページの位置です。

特定健診・特定保健指導

「特定健診・特定保健指導」は、国によるメタボリックシンドローム対策として、40歳以上の方を対象に、平成20年度から開始された事業です。当健康保険組合では平成20年度から積極的に取り組んでいます。

特定健診

被扶養者の方、任意継続被保険者とその被扶養者の方は、一般健診の結果を特定健診データとして利用いたしますので、必ず受診してください。
なお、任意継続被保険者の方、被扶養配偶者の方は人間ドックの結果も特定健診データとして利用できます。必ずいずれかの健診を受診してください。(30歳以上75歳未満の被保険者の方は事業主が実施する定期健診をもって、特定健診を受診したこととなります)

特定保健指導

被保険者、30歳~75歳未満の被扶養者の方、任意継続被保険者とその被扶養者の方は、特定健診受診後に受診結果によって、保健指導を受けていただくものです。指導対象になった方の内、実際に指導する方は、別途ご案内します。

ページトップへ