ページ内を移動するためのリンクです。
ジェネリック医薬品について
現在表示しているページの位置です。
  • ホーム
  • ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品について

国民医療費が毎年増大するなか、医療費の抑制につながると期待されているのが「ジェネリック医薬品」です。平成27年6月の閣議決定でジェネリック医薬品の数量シェアが定められ、厚生労働省でも使用促進に取り組んでいます。
新薬からジェネリック医薬品に変更することで、みなさんの薬剤費負担も軽くなり、さらに医療費の節減にも大きな効果が期待できますが、その反面、薬に対する情報提供が不十分になる可能性や、中には製法や用法用量が先発医薬品と異なることがあるため、効果の感じ方の違いや、副作用の可能性があるというデメリットも存在します。
ジェネリック医薬品のメリット・デメリットを正しく理解し、上手に活用しましょう。

⇒ 厚生労働省:後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進について
⇒ 日本ジェネリック製薬協会
⇒ 日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会

ページトップへ